理事会終了後、校庭で
投稿日:
校舎時計と木蓮の花

校舎時計と木蓮の花

1.日時

平成28年4月2日(土) 15:00~

2.場所

国際中等教育学校 ミーティングルーム

3.出席者

堀江会長、鈴木副会長、石瀬副会長、尾関理事、鳥谷理事、馬場理事、
宮本理事、赤羽理事、近藤監査役、寺井監査役、稲田顧問、野村顧問

小学校との境の桜

小学校との境の桜

4.議事内容

1)事業活動の現状報告

〇総務担当より平成27年度事業活動の中間報告があった。

〇馬場理事より「秩父の山なみ配付での宛先不明が 139件だった」との報告があった。

〇宮本理事より「ホームページは情報更新回数が増加した」「アクセス数は変動があるが以前より閲覧回数が増えている」「今後とも記事の寄稿を期待する」との報告があった。

2)会計中間報告

〇尾関理事より平成27年度の会計について中間報告があった。

・秩父の山なみに振込用紙を同封したことには効果が出ている。

・夫婦2名で一度に振込するなどの例がある。

〇母校支援経費の支払いについて次のとおりとする。

・図書券購入領収証コピーを学校から入手し、会長が承認の記述をする。

3)新理事候補者

〇「口振くん」担当の川田理事に後任が必要である。K.Y.氏(46期)を候補者として会長が調整し、次回理事会に諮る。

〇さらに若手の理事を加えて世代交代に備える。K.K.氏(34期)についてさらに検討する。58期で2名の候補者が考えられるので検討する。

4)同窓会連携

〇連携に関する話し合い調整の情報報告があった。

〇今後ともしっかりフォローする。

5)母校支援

〇野村顧問よりISSチャレンジの成果発表会と表彰式について報告があった。

・泉旺同窓会からの表彰は次のとおりとなった。

【SSH】

泉旺同窓会会長賞:「プロテアーゼの活用」

泉旺同窓会賞  :「経路問題の解法の応用」

奨励賞     :「ケイ化木化石の分析による種類解明及び当時の環境再現」

「海上食糧生産」

「Capability of Aquaponics as a High Yielding yet Water Efficient alternative

to Soil Cultivation in Urban Tokyo」

【SGH】

泉旺同窓会会長賞:「日本の食品企業のサプライチェーンを改革する」

泉旺同窓会賞  :「発展途上国における特別支援教育の教材開発」

奨励賞     :「2030年の雇用環境」

「Research on the Possibility of  International Cooperation Using Crowdfunding」

「被災地の『忘却』に対する高校生による社会的企業の起業に関する探究」

「Refugee Denials in Japan」

「発展途上国におけるジェンダー差別はどのように解決していけるか

 ―ネパールを対象とした調査を通じて―」

「世界に飛び出す日本の若者の学習効果を最大化させるために事前にできる働きかけは何か」

〇学校側の反応について赤羽理事から報告があった。
・生徒及び先生方が同窓会からの表彰を喜んでいるとともに、泉旺同窓会(附属大泉中学の先輩)が「ISS生徒を後輩と思っている」ことにも素直に嬉しいという感情を持っている。
・PTAの方々も同窓会の動きに刺激を受けている。

〇ISSチャレンジの今後の動向が共有された。
・認定は5年が期限で更新は可能だが、3年目にレビューがある。(活動状況が良くないと改善が要求される場合がある)

6) その他

〇次回理事会:5月28日(土)15時~

〇幹事総会:7月30日(土)15時~

以上 総務担当

理事会、お疲れ様でした

理事会、お疲れ様でした