第7回附属国際中等教育学校入学式
投稿日:
第7回附属国際中等教育学校入学式

第7回附属国際中等教育学校入学式

平成25年4月9日、東京学芸大学附属国際中等教育学校(ISS)の第7回入学式が第2体育館(旧附属高校大泉校舎の体育館)で行われ、泉旺同窓会を代表して参列いたしました。

今年3月、初めての卒業生を送り出したISSは、実質的に中高一貫教育校として2年目に入りました。今年の新入生は昨年と同じく105名(男子44、女子61) で、一人ずつ名前を呼ばれて入場、着席しました。国歌斉唱のあと、校長の式辞、学芸大学副学長の挨拶、PTA会長の祝辞とつづき、前期(1年~3年)生徒会会長と後期(4年~6年)生徒会会長の二人が壇上に上って在校生からの歓迎のことばを述べると、新入生を代表して、小学校5年のときに日本へ来たという台湾出身の女子生徒が、習い始めて2年とは思えないしっかりした日本語で将来への希望を語り、列席した人たちから大きな拍手を受けました。校名の「国際」という名前にふさわしいひとコマでした。

第7回附属国際中等教育学校入学式

第7回附属国際中等教育学校入学式

今年できたばかりのISS同窓会「啓泉会」の会長も来賓として招待されていました。泉旺同窓会の今年の幹事総会に出席してもらい、双方の同窓会の連帯をはかろうということで一致しました。7月の幹事総会に多くの期の幹事さんが出席して若き同窓会を励ましてあげられたらいいと思います。

(泉旺同窓会会長・堀江礼一 8期)

東京学芸大学附属大泉中学校