投稿日:

SGH生徒課題研究

外部評価会

07月13日(金)15:30〜18:00
07月14日(土)09:00~12:00
E棟の4教室にて
2018年度は、ISSチャレンジへの応募者が多く(SGH部門だけで69チーム)、
今年度の第一回目の外部評価会は2日に亘って行いました。

この外部評価会は、生徒の課題研究の計画・内容の精査を行うとともに、
外部評価者からの助言を得て研究の充実を図ること、また、
今後の継続的な支援ネットワーク構築の契機とすることを目的としています。

発表・評価

ISSチャレンジ2018のSGH部門にエントリーしている約40チーム
それぞれが、現状の研究成果(昨年度までのものを含めて)を、
外部評価者2~4名にプレゼンテーション(約10分)を行います。
外部評価者は、それに対しての質疑・評価・助言(約20分)を行います。

外部評価者

★東京学芸大学
太田 伸也 先生(自然科学系教授)   14日
佐藤 正光 先生(人文社会科学系教授) 13日
赤羽 寿夫 先生(教職大学院教授)   14日
中西 史  先生(自然科学系講師)   13日
南浦 涼介 先生(人文社会科学系准教授)13日
★玉川学園大学
星野 あゆみ 先生           14日
★泉旺同窓会
野村 純一 会長            14日
寺嶋 誠一郎 副会長          14日
宮本 眞奈美 副会長          13日
石瀬 裕美子 顧問           14日
★啓泉会
2回生・杏林大学           13日
3回生・国際基督教大学        14日
4回生・在米             13日
4回生・筑波大学      0 13日・14日
6回生・東京大学           14日

外部評価者に挨拶する荻野校長と若宮先生。

外部評価者に挨拶する荻野校長と若宮先生。

校長らの話を聞く外部評価者。

校長らの話を聞く外部評価者。

前校長の佐藤先生(中央)と泉旺同窓会の会長(右)・顧問(左)も、これから担当教室へ向かいます。

前校長の佐藤先生(中央)と泉旺同窓会の会長(右)・顧問(左)も、これから担当教室へ向かいます。

生徒からのプレゼンテーション後、対話する外部評価者。

生徒からのプレゼンテーション後、対話する外部評価者。

14日の外部評価会前のひととき。

14日の外部評価会前のひととき。

教室の形状や広さによって、プレゼンテーションの雰囲気も違ってきます。

教室の形状や広さによって、プレゼンテーションの雰囲気も違ってきます。

—————————————–
現在、外部評価会には、泉旺同窓会からは理事が参加していますが、
ぜひとも会員の皆様にご参加いただきたいと思っています。
後輩たちの研究には驚かされることが多々あり、さらには
後日に『生徒の振り返り』と題したthank youレターが届き、
これもまた感動・感心です。外部評価会にご興味のある方は、
homepage@senou.com外部評価者登録係までご一報ください。
担当者より折り返しご連絡させていただきます。
皆様からのご連絡をお待ちしています。
—————————————–
グランドを眺めつつ、E棟へ向かいます。

グランドを眺めつつ、E棟へ向かいます。

あの頃の大泉校舎の入口付近まで来ました。グラント方向へ振り返ると、緑が優しい息遣い。

あの頃の大泉校舎の入口付近まで来ました。グラント方向へ振り返ると、緑が優しい息遣い。

大泉校舎は現在はN棟と呼ばれていて、N棟沿いに進むと、右手に円形の総合メディアセンター(図書室)があります。

大泉校舎は現在はN棟と呼ばれていて、N棟沿いに進むと、右手に円形の総合メディアセンター(図書室)があります。

視線を前方へ移すと、目的地のE棟が見えてきます。その手前には中庭、憩いの空間です。

視線を前方へ移すと、目的地のE棟が見えてきます。その手前には中庭、憩いの空間です。

掲示の矢印通りに、E棟へと右折・・・

掲示の矢印通りに、E棟へと右折・・・

と、切り株の片隅から何やらオレンジが・・・

と、切り株の片隅から何やらオレンジが・・・

近づいてみると、キノコ氏の様相。

近づいてみると、キノコ氏の様相。

あまりの鮮やかさにビックリ。

あまりの鮮やかさにビックリ。

E棟の出入り口付近に立つと、少し先に建物。

E棟の出入り口付近に立つと、少し先に建物。

ちょっと近寄ってみると・・・関係者以外、立ち入り禁止の建物でした。指導部という怖い響きに、後ずさり・・・E棟へ逃げ込みました。

ちょっと近寄ってみると・・・関係者以外、立ち入り禁止の建物でした。指導部という怖い響きに、後ずさり・・・E棟へ逃げ込みました。

 

東京学芸大学附属大泉中学校