4期2014.10.19
開催日:

10月19日(日)私達の「げんき会」(附中4期、附小11期合同同期会の名称)が、青山ダイヤモンドホールで開催されました。

今年喜寿を迎えましたので、そのお祝いを込めて盛大にしようと、今回の幹事が少し頑張っていろいろ企画を考えました。実行にあたっては、幹事以外の10数名の方にご協力をお願いしたところ、全員が快く応じてくださいました。更に今年の出席者は、過去最多の47名となりました。

さて、企画の一つは、遠隔地に住み出席が殆ど出来ない人に、ビデオレターを送ってもらうというものです。緑豊かな軽井沢在住のS・Y君の近況報告と、信州諏訪在住のI・Hさんの陶芸や絵画の制作に打ち込んでいる様子と作品の紹介、そして、M・T君は附中時代の思い出を軽妙な文と写真で綴ってくれました。何十年振りかの3人のビデオレターに感慨を新たにしました。もう一人予定していたのは広島市在住のK・Aさん。8月20日の土砂災害で自宅が被害に逢われ、明日にも幹事に送る積りで用意してあった手紙や写真が、残念ながら土砂にまみれてしまいました。家族全員がご無事だったのが不幸中の幸いということで、ホッとしました。

上京して駆けつけてくれた人は、大阪からM・H君、そしてビデオレターにも参加したI・Hさんの二人でした。M・H君から里親を最近まで10年経験した話を聞き、心を動かされました。I・Hさんは喜寿のお祝いにと出席者全員に、一輪挿しを登り窯で焼いてプレゼントされるというサプライズもありました。

企画の二番目は、特異な人生経験をした人に講演をしてもらうもので、母校東大でアメフト選手をしていたM・M君が、本業は医師でありながら母校東大と戸山高校のアメフト部監督を15年も努めていたという経歴を、「アメフトと私」という題で話してもらいました。選手の経験者は多くても、監督経験までする人が身近にいたことも驚きでした。

企画の三番目は、過去32回の「げんき会」の足跡を、DVDに収めた「げんき会の歴史」の観賞です。多数の方から資料と写真を提供いただき、そして、技術を駆使してDVDの編集制作にご尽力くださったのがM・T君です。その見事な出来栄えの大型スクリーンに見入り、若き日の先生方や自分たちの姿に歓声を上げ、懐かしい思い出に浸りました。

4期2014.10.19

4期2014.10.19

こうして盛上った今年の喜寿を祝う「げんき会」は、二次会を含めた3時間があっという間に過ぎ、また来年の再会を期してお開きとなりました。

幹事よりお礼の気持ちを込めてご報告いたします。

今回幹事一同