旅館前にて
開催日:

2012年5月19日土曜日、50歳の大台を目前に、同期の絆をより太くしようと、30期の16名が日帰り同窓会旅行で秩父を訪れました。卒業して33年になりますが、1割を超す同級生が参加したことになります。昨年夏の富浦旅行に続き、にぎやかな一日、楽しい遠足となりました。

朝8時に池袋駅に集合、8時半出発のレッドアロー号に乗り一路秩父へ。しかし、車両が池袋のホームから発車する前にすでに乾杯が始まり、中学生時代のエネルギーに満ちた雰囲気があふれていました。

再会を祝う笑顔となつかしさ、これから始まる遠足への期待感からか、全員の気持ちが高揚しています。しかし、こんなときに手綱を締めてくださった恩師の先生方は、この日はいらっしゃいません。この勢いがどこまで続くのでしょうか。

レッドアロー車中

レッドアロー車中

練馬駅を過ぎても快調に杯を重ね、大泉学園駅を通過する頃にはすっかり出来上がっている同窓生もおり、ひさしぶりに皆で見る学び舎の最寄り駅にも気づかぬ様子も。

所沢駅をすぎるとあっという間に西武秩父駅へ到着。まだ朝の10時ですが、すでに宴会状態が約2時間継続しており、全員絶好調。早くも土産店の秩父名産日本酒に手を伸ばす姿も。

旅館前にて

旅館前にて

送迎バスにて宴会場である「梁山泊」に到着。秩父の名湯、辺りの散策など思い思いに楽しんだあと、いよいよ宴会のスタート。幹事のあいさつに続き、正午で早くも本日二度目の乾杯。久しぶりの再会も数多く、順番に近況報告を実施すると、すでにお孫さんがいらっしゃるかたが複数名!そのお孫さんと同じ歳のお子さんがいらっしゃるかたも!驚きの連続、さらに新婚のかたあり、長年勤めた会社を退職して独立を控えたかたあり、みんなそれぞれの世界でがんばっています。みな我がことのように喜び、応援し、協力、助言を惜しまない。これだけ長い付き合いになると、家族と同じですね。

宴会

宴会

1976年入学のわれわれ30期は、中学生のころから、まとまりのある学年でした。個性豊かな担任の先生にも恵まれ、1年生の下田臨海学校・2年生の白馬林間学校・3年生の東北修学旅行、いずれも学年が、クラスがひとつにまとまり、思い出深いイベントにすることができました。こうして卒業後30年以上経過しても、掛け声ひとつですぐに集まれる、すばらしい連帯感はこのころから醸造されていたのでしょう。

幹事長^_^;

幹事長^_^;

さて、宴もたけなわ、幹事長がカラオケで「WON’T BE LONG」で大トリをきっちりと締め、あっという間に過ぎた秩父での時間を惜しみつつ、今度はレッドアロー号で池袋へ。ふと気づくと、梁山泊宴会場、送迎バス、レッドアロー号と場所は変われどみな手には朝8時からいつもアルコールが。

旅館前にて

旅館前にて

18時、池袋に到着、アルコールと縁の深かった一日でした。と終わればよかったのかもしれませんが、この日は土曜日。参加者も大勢でしたが、仕事で都合かつかないかたもいらっしゃいました。そんなかたと合流すべく、幹事が二次会をセットしてくれていました。

「橙家」東武池袋店に秩父組、新規合流組あわせて24名が集結、盛大に二次会が開かれました。こちらも大いに盛り上がり、夕方から駆け付けてくれた参加者と旧交を温めました。二次会もあっという間の3時間強、名残惜しくもお開きとなったのは22時。ついに14時間のロング宴会(?)が終了して、みな笑顔で家路につきました。細かいところに気を配ってくれた幹事に感謝いたします。そして次の企画に思いを寄せて、レポートを終えることといたします。ほんとうに楽しい一日でした!

家路についたかどうかは・・・

家路についたかどうかは・・・定かでない

時本徹夫