開催日:

平成31年3月16日土曜日、市ヶ谷の私学会館(アルカディア市ヶ谷)にて

42名が参集し、20期生の卒業50周年記念同期会を開催致しました。

思い起こせば、50年前の卒業式の昭和44年3月12日、

式の途中からボサボサとした大雪が降り初めたのでした。

登校時にはチラリとも降っていなかった雪が、下校時にはかなりの大雪が積もっていて、

その後、一帯の交通網(西武鉄道、バス)が不通となってしまったのです。

このため学校近隣の友人宅に宿泊した者、雪の中遠方まで歩いて帰った強者、

運良く運休直前の電車に乗れた者など、いろいろ余韻のある卒業式でした。

そうした私達の記念同期会ですが、その会場名が「大雪」とは巡り合わせを感じました。

当日は当時の生徒会長の開会の挨拶・乾杯で開演し、歓談の中、

3年時のクラス順で一人ひとりの近況報告がありました。

65歳という年回りから、定年退職の話、介護の話、孫の話、過去の入院話に混じって

明るい未来の話もあり、時間が無くなるほどの盛り上がりを見せました。

お開きの前に写真撮影し、校歌斉唱で締めた後は

有志で二次会に流れ、和気藹藹、皆で楽しく過ごしました。

最近は5年間隔で開催してきましたが、

時間的に余裕ができる今後は、どう開催していくか・・・・。

八巻  真裕