開催日:

去る令和元年10月21日、天皇即位礼正殿の儀前日、私たち二期生(昭和26年卒)は毎年同じ会場(池袋西武バンケットルーム)ですが、お元気な中西先生にお出で頂き、同期会を開きました。

遠い神戸からOさん、伊豆からMさんも参加し、体調不良で突然の不参加の方もありましたが、20人も集まりました(十二支最後で7廻り目の年女・年男、うち3分の2は女性の方でした)。

今年6月に亡くなられたNさんを悼み、黙祷から始まった会は、だんだんと賑やかになっていき、中西先生の「自分史」には皆さん感銘を受け、その前半の一部分は戦時中のことでもあり、私たちとも関わりあう部分でした。戦中戦後の大変な時代は、皆さんそれぞれ共有できるものです。

3時間の時はあっと言う間に過ぎ、それぞれが旧交を温め、これからの人生100年、『資産寿命』『健康寿命』を話し合い、大変有意義な会となりました。

来年も1人も欠けることなく参加できるよう、皆さんが祈りながらそれぞれ元気に家路につきました。

【記】汐崎